緑色なのに青汁という理由

緑色なのに青汁という理由…むかしは緑色のことも青や藍って言ってたよう。

青信号、黒板、青青しい草木などのように、日本の色の表現って独特だなあと思います。黒板の場合は、はじめはボードの色が黒だったので、そのまま黒板という名前だけが残っているという話があります。
ただ、信号や森林などの緑を「青」と表現するのは、こどものときにも疑問でしたし、今でも改めて考えるとへんだなあと思いますよね。

緑色なのに青汁という理由は、とどのつまり、むかしは緑色のことも青や藍って言ってたようです。
つまり日本には、「白し」、「赤し」、「青し」、「黒し」という4つの色しかなかったそうです。もちろんまったくないということじゃなくて、緑色はあったと思いますが、そこであてはめるとなると、「青」という色が緑の変わりとなってしまっていたんでしょうね。

緑なのに、青りんご、緑なのに青のり、青虫、青シソ、青ネギ、そして青汁です。みんな身近なところにあって、いつも目にしているものだから、これらが緑色だということぐらい自然にわかっているのにも関わらず、青虫や青りんごなどには違和感を感じないんですよね。でも、なかなかユニークだと思います。だって、緑汁っていったら、なんだか、樹木から、葉っぱが落ちそうなときに、緑汁が...っていうそういうイメージを想像しちゃいますよね。森林は青じゃなくて、緑ですよね....

(C) 2011 - 2015 定番人気!大麦若葉の青汁